塾講師の内情とは

年が明けたら大学を卒業する姪っ子は、この4年間、塾講師としてアルバイトをしてきました。
時給という換算ではなく、一教科70分いくらとしてアルバイト代が計算されるということで、ちょっと変則でしたが、その一教科あたりの時給はやはり高いものがありました。
来年の春、無事に合格すれば、今度は弟である甥っ子が大学生になるものですから、塾側としては、今度は弟に来てほしいそうです。
早くも塾から来てくれとアプローチがされているそうですが、のんびりやの甥っ子、どうも塾講師はイマイチ興味がないらしく、う~ん、と言ったきり、なんら返答しないのだそうです。
というのも、授業の準備をしたり、その後の報告書を書いたり、あるいは生徒に分からないところを質問されて居残った場合、それらについてはまったくバイト代が支払われないのだそうです。
報告書を作るのに一日がかりということも珍しくないそうで、姉のその姿を見て、弟は塾講師に魅力を感じないのかもしれません。